×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北海道帰省

看護学校を卒業して東京で看護師として働き始めて半年ぶりに帰省した。9月の25日から30日までの短い期間の帰省だったので会えなかった人がるので残念だったが十分に楽しむ事が出来た。

卒業した看護学校にも挨拶に行ってきた。3年生たちはもう少し実習が残っていて大変そうだったが、みんな学校に登校してきていたので大勢の人達と会う事が出来た。3年生全員にお菓子を持っていってあげたらとても喜んでくれていた。今までの実習の疲れがあるかもしれないけど残りの実習と国家試験を目指して欲しい。

一緒に卒業したクラスメイトがプチクラス会を開いてくれて、10人近い人が集まってくれた。とても楽しく昔の事や今のお互いの現状を話すことが出来てとても楽しかった。俺を含めてみんな、同じような事で悩んでいたり、仕事に喜びを感じたり、それぞれに成長しているようだった。

久しぶりに再会したのに、ほとんど変わっていないクラスのみんなと話が出来てとても良かった。仕事が終わって疲れているのに参加してくれた人や、次の日も日勤だというのに最後まで付き合ってくれる人がいて嬉しかった。思いっきり飲むことが出来た。

看護学校時代の先輩がファイターズのチケットを取ってくれたので札幌ドームに野球を見に行ってきた。先輩の彼女も一緒に3人で一緒に野球観戦してきた。俺はプロ野球を生で見るのが初めてだったので、とても感激だった。ゲームが始まる前から練習を見たり、弁当を食べたりして十分に楽しむ事が出来た。

野球観戦のあとはしゃぶしゃぶを食べに行った。食べ放題だったのでお腹いっぱいになった。半年間のいろんな話が出来てとても楽しい時間を過ごす事が出来た。

いつも飲んでいた飲み友達とも会う事が出来たのだが、みんな車で集まってしまったのでアルコール抜きになってしまい、飲み会というよりも食事会となってしまった。このメンバーでお酒が無いのは変な感じがしたが、半年間の報告をみんなでする事が出来た。

それ以外にもドライブに行ったり食事をしたり、北海道滞在期間ギリギリの日程でいろんな人と遊ぶことが出来た。そして、写真もたくさん撮る事ができた。それでもやっぱり写真を撮るタイミングが難しく、思っていた以上に写真を撮るのには苦労した。

もうちょっと、いろんな写真が取れるように努力しようかなと思う。

2008年10月1日 記入

<<駄文に戻る